男池・坊がつる・平治岳

  • Thursday, March 29, 2012

Nikon 1 J1携えての初山行。
3月24日。男池から入り、ソババッケ、風穴を抜け、大船山が見えはじめる米窪南端。
青空のもと歩いた木立の散策道がウソのような、空の荒れ具合。

日が傾くにつれますます風は強くなり、気温もぐんぐん落ちてきた。
前回よりも薄着で来ちゃいましたよ。iPhoneは寒くてシャットダウン。

大船山山頂付近で日が暮れた。
出たのが遅かったので、坊がつるに着くのは夜のつもりだったけど、
気温がマイナス8度くらいまで下がるとは思わず…。

坊がつるの、灯り洩れる数個のテントの邪魔にならないよう、
吹き下ろしの風でバタつくフライに気を遣いながらコソコソと寝床を立てる。
暖を取ろうとすぐに湯を沸かし、猛烈にカメラを結露させてしまったバカチンです。

とにかく風が強い。
深夜、大きめのテントのグループは避難小屋に移っていたようでした。

…………

朝、目が覚めたら雪が積もっていた。

寝袋、春夏用T-T

山道にびっしりと。踏み潰すのが申し訳ない気分です。

平治岳からはぐるりと九重山系を見渡せる。
左から稲星山、中岳、薄ら雪に覆われた星生山、三俣山。(と思う)
真ん中の窪地が坊がつる。

5時ごろ到着した男池の駐車場には車一台もなかった。
坊がつるではテントがいくつかあったものの、
前日の登山道では誰とも会わず、結局この日も二組とすれ違っただけだった。

帰り、九酔峡の立ち寄り湯に寄ったらすっかり日が暮れていた。
二日間の撮影枚数112枚。J1のバッテリー残量表示は一個減なのでありました。

Amazonリンク (ENPEX アナログ温度計 / NITEIZE Figure9)

© KOJI KOMIYA.