星生山・御池・中岳・稲星山・久住山 (2012年1月15日)

  • Tuesday, February 7, 2012

1月末から2月頭にかけての寒波に勇んで出掛けた九重連山。一ヶ月ほど前、1月半ばにも行きまして、その時の山の様子です。2月の様子はまた後日。
この日は星生山も北側斜面のみ雪が残ってる程度で、アイゼン無しでオッケー。装着してる人も多かったけど、一部凍結しているのは中岳の北側斜面ぐらいだったでしょうか。

終日あいにくの天気で風も強くマイナス気温のままだったので凍結した御池もツルツル滑ることもなかった。 こういう日はチェーンタイプのアイゼンあったら便利だろうな…。

九州本土で一番高いところ。関東圏の人らからすれば低っ!と思うことでしょう。テント泊のメッカ、坊がつるを見下ろす。遠くのネコミミ山頂が由布岳。

中岳のおとなりの稲星山。奥が久住山。
牧ノ戸からのトレッキングコースといえば、久住山直通ルートを行く人が多いですが、星生山経由して中岳や稲星山を周るのが気持ちいいです。人も少ないし。
この日はとくにどこを目指そうという気ではなかったので、なんとなくウロウロと山頂に寄ったり御池で遊んでたらずいぶん時間が経っていた。

4年間履いてきたトレッキングシューズがいよいよ水がしみるようになってしまい、雪の中歩いてると足先が冷たくて冷たくて。ソールもだいぶ痛んでたので、帰ってすぐSCARPA クリスタロGTXを買ったのでした。

2月4日の様子はまた後日。

© KOJI KOMIYA.