久住深夜徘徊

  • Saturday, September 17, 2011

牧ノ戸 – 久住別れ – 久住山 – 久住別れ – 北千里 – 坊がつる の往復をぶらり二日間。

沓掛山から見える星生山、左に見える三俣山、その先の谷あいの盆地が坊がつる。間違ってたらゴメンナサイ。

星生山をスルーして久住山。2年ぶり

久住別れから北千里へ。前回とうってかわって今日はすっきり三俣山。

ススキたなびく坊がつる。陽射しすごい強いんですけど。

日が暮れると途端に冷え込む。月明かりすごくてヘッドライト不要。

今回は星空撮ろうと思ってD40と三脚を持参。しかし一枚撮るたびバッテリーが瞬時に激減!寒さのせいか…いや寿命だろう…。やむなくIXY30Sにてシャッタースピード最遅にて。

午前2時ガスに覆われはじめる。午前3時に出発して小一時間、法華院裏手から北千里に続く樹々の中の登りで何度も振り返ったビビリです。

ガスが晴れ、月に照らされた北千里。ヘッドライトはいらない。まるで別の惑星にで降り立ったような気分。灯りもろくになかった時代の『夜』の捉え方ってきっとこんなだったろう。灯り、すなわち人知の及ばない世界。

あまりに素敵な月明かりの北千里をブラブラしすぎて夜が明けはじめてしもうた。

夜明けに間に合わず。向いには先客……早ぇー!

今宵一晩道のりを照らしてくれたお月さんともそろそろお別れ。ありがとう。

久住山強風!で、セルフタイマーするも三脚ぶっ倒れそうで一枚でやめた。おっちゃん間に合ってへんで。
ほどなく山全体がガスに覆われ、霧雨のなか下山行。牧ノ戸は昨日と変わらず晴れ渡っていたのでありました。

© KOJI KOMIYA.