Canon IXY30S / Eye-Fi Connect X2

  • Monday, June 27, 2011

山に行くと写真を撮るのもまた楽しかったり………が、しかし!携えていくNikon D40がいい加減面倒臭い。ぶら下げてると邪魔くさい。ザックに入れると取り出す気が起きない。一昔前の初心者向け小型一眼レフとはいえ当時は安くもなかったのでぞんざいにも扱えず、単なる重りを大事に背負ってる阿呆らしさ。

先月はじめ、Canon IXY30S購入した。
5年くらい前に買ったSONY DSC-T9のバッテリー(一回交換)がいよいよ半日持たなくなってきたのも頃合いとコンパクトデジカメ探訪。昨今のデジカメ事情に疎いので、とりあえず『明るいレンズ・広角』を条件に探すも気を抜くとPENとか見たりして……それコンパクトでもなければテキトーに扱える値段でもねーから!
安さ最優先で後継機発売間もない売れ残りの30Sが15,000円に値下がりしたとみるやをすかさず買った。これなら雨の中、雪の中使って壊れても惜しくはあるまい。惜しいけど。

そしてかねてから気になっていたEye-Fi Connect X2 も値下がりついでに買ってみた。

Eye-Fiとは!
無線で写真データの転送ができるWi-Fi内蔵のSDカード。通常、デジカメの写真データをPCに読み込む場合は、USBで直接繋ぐかカードリーダーを使うしかない。単に繋ぐだけなんですが忘れたり面倒臭かったりで、いざ撮ろうって時にカード満杯だった!なんてことありません?せっかく撮った写真を慌てながら消すなんて事、ぼくはよくあります。
そんなモノグサ野郎でもEye-Fiなら自宅のWi-Fi環境下であれば自動でPCに転送してくれる。しかもネットが接続状態になっていればFacebookやFlickr、Picasaなんかにも自動で転送してくれるんです。
出来心で撮ってしまった街角盗撮も勝手にFacebookに自動転送されて御用!なんてことも起こりうるまさにSD……Super Dangerousカード!使う者の理性をも試すEye-Fi!(違う)

さらに!Eye-fiのiPhoneアプリを使ってデジカメデータをiPhoneに直接転送できる『ダイレクトモード』というブラボーな機能も。これで無線LAN環境でなくともiPhoneを経由することで3G回線を使ってWeb上へのアップロードなんてこともできるのだ!いつでもどこでも盗撮を世界中に大公開!(違う)

軽快なカメラに、勝手に仕事してくれるSDカード。さぁ感動を切り取りに大自然へいざ!……と言いたいところだが8月までは土日ナッシングな予感。
あぁオレを信州あたりに自動転送してくんないかな。

Amazonリンク

© KOJI KOMIYA.