やまなみハイウェイ

  • Wednesday, February 16, 2011

12日土曜日、小学二年生の姪がスキーに行ってみたいと言うので九重森林公園スキー場へ。いきなり広島じゃあ車疲れしそうだし…と思い近場の九重にしたのだけど、ちょうど高速に乗った朝6時ぐらいから吹雪き始めあっと言う間に日田IC〜九重IC間通行止め。降り止まぬ雪にノロノロ延々と山沿いの一般道を4時間。全然近くない。

姪は跳び箱が苦手だったりと体育があまり得意じゃないらしい。
今時の小学校は跳び箱が飛べないなら飛べないまま授業が進むそうな。だから彼女は自信が持てないままのなのかもしれない。

初めてのスキーブーツは歩きにくそうだけどしょうがない。板を履いて斜面を登らせエッジの使い方を感じてもらう。最初は恐る恐るでも滑るうちにボーゲンの理屈を理解したようで、昼過ぎにはリフトに乗れるようになった。倒れても手は貸さずとも立ち方の理屈を教えておけば頑張って自分で立つ。たぶん楽しいんだろう。
跳び箱は相変わらず苦手なままかもしれないが、スポーツに対して少しは自信を持ってくれたら幸いだな。

帰りはますます雪深く、スリップで身動き取れない車が点々と。JAF大忙し。高速道路は久留米ICを越え広川ICまで降雪通行止め区間が延長され、八女に抜ける山沿いの一般道は難儀しそうだなと潔く阿蘇へと南下。
やまなみハイウェイは幾分か雪が少なく走りやすく、こんな機会めったにないし雪の大観峰へ!と思ったけど、後ろで遊び疲れて寝ている親子の姿を見てると早く帰らねばなと帰路についたのでありました。(…でも5時間かかったが)

© KOJI KOMIYA.