坊がつる、大船山

  • Monday, November 8, 2010

8月、霧島連山縦走を試みるも中間地点の新燃岳が噴火入山規制になっていることを、スタート地点の韓国岳登山口で知るという確認不足ミステイク。規制区域外の韓国岳ぐらいはと向かった山頂は濃霧と雨で何も見えない残念な山行に。その後も宝満山など近場の山に行くも満たされぬまま11月…。九重連峰、大船山に行ってきました。

長者原〜雨ヶ池〜坊がつる〜大船山というスタンダードな行程。往復の標準歩行時間7時間弱と日帰りにはそこそこハード。ご飯食べたり休憩時間をプラスしたら8時間ぐらいか。慣れてる人ならそんなにかからないかもしれないけど、スローペースハイカーなので休憩込の行程8時間半〜9時間で予定をたてる。

前日帰りが遅く3時間睡眠で高速飛ばし、九酔峡の紅葉を横目に長者原登山口到着。腹ごしらえしていざ出発の8:30。
2時間かけて黄金色のススキ野広がる坊ガツル到着。坊ガツルは山々に囲まれた盆地。360度の山肌をゆるゆると雲影が流れる。怠け心に喝を入れ大船山山頂目指す11:00。ガスりまくりの大船山1786mピークの13:00。風の寒さにダウン着込み、坊ガツルを挟んで向いの三俣山を眺めながらダラダラと腹ごしらえして下山開始の14:00。
往路のペースだと長者原到着前に日が落ちる予感。散り際の紅葉にカメラ向けぬようザックに突っ込みペースアップするも山の日暮れは早い。ヘッドライトを頼りに長者原到着したのは18:20。

結局予定を大幅オーバーして9時間50分のロングハイクとなったのでした。
来年は山テント買おう。

© KOJI KOMIYA.