未知との遭遇

  • Thursday, August 4, 2005

深夜2時。いつもなら、タバコが切れてもそんな時間に買いにいくなんてことはないけど、どうしても1本吸いたかったのでコンビニまで買いに行った。ちょっと遠いコンビニまで夜道をとぼとぼ歩く。
家々の灯りもすっかり消え、あるのはポツポツと続く街灯だけ。その中の一個、切れかかった街灯がリズミカルに点滅していた。
タバコを吸いながら歩く夜道。その切れかかった街灯のリズムは規則正しいような、でもやっぱり不規則な何やら気になる点滅。立ち止まりリズムを刻むとトントンツートントントンツートンツー。まるでモールス信号。これは宇宙に向けて何かしらの信号かもしれないとボンヤリ思った帰り道。

UFOが降りてきたら報告します。

© KOJI KOMIYA.